町長の部屋

町長からのメッセージ

 越生町長の新井康之でございます。

 越生町は埼玉県のほぼ中央に位置し、関越自動車道坂戸西スマートICから15分、東武越生線とJR八高線とのターミナル駅、電車で池袋駅・八王子駅まで65分です。

 町の歴史は古く、はるか万葉集の東歌に歌われ、室町時代の武将、江戸城・川越城を築いた太田道灌公ゆかりの地でもあり、埼玉県の旧跡に指定されている「山吹の里」は歴史公園として整備されています。

 当町は絹の集積地として栄え、明治22年の町村制施行と同時に誕生した日本で一番古い町のひとつです。昭和30年に梅園村と合併して現在の越生町が形成されました。

 特産品は梅と柚子で、梅は収穫量・出荷量とも埼玉県一を誇り、柚子も県のトップクラスです。特に梅の歴史は古く、南北朝時代に、九州太宰府天満宮から小杉天満宮(現在の梅園神社)を分祀した際、梅を植えたことに始まります。「越生梅林」は、関東三大梅林の一つに数えられ、「五大尊つつじ公園」は関東一でもあります。このように花の里としても有名ですが、日本で唯一「ハイキングのまち」を宣言し、多くのハイカーが訪れています。日本観光地百選の黒山三滝、埼玉県一の巨木(かみ)(やつ)の大クスの木もあります。

 この他、世界平和を発願して建立した世界無名戦士之墓があります。この建物は、関東平野を一望する大観山上に建てられ、国の登録有形文化財に指定されています。

 また教育環境は整い、かつ子どもに美味しい給食を提供し、「全国学校給食甲子園」で優勝(平成29年)、準優勝(令和4年)に輝いています。中学校は校舎を木質化し、グラウンド2面、武道場や技術科室、給食ホールもあり、更に子どもの医療費は18歳まで無償で「子育てと教育のまち」でもあります。住環境も整い首都圏から一番近い里山の残る自然豊かな町です。

 私は、越生町の歴史を受け継ぐとともに、町民の皆様が安心して住める元気な越生町を創り、更に発展するよう努力してまいります。

町長のひと言

初日の出に誓う

 令和6 年の初日の出を、越生10 名山の「弘法山」で迎えました。凛とした寒さの中、天空は澄み渡り水平線が徐々に朱色に染まると、やがて神々しい太陽が昇り始めました。その太陽に向かい、町民の皆様のご健康とご多幸を祈り、また「安心して住める元気な越生町」を創るため全力を尽くすことを誓いました。

▲初日の出

清和学園 特産物でチョコレート作る

 清和学園高校(越生町上野東)の調理科ではマイスターハイスクール事業の一環として、越生町の特産物(梅・柚子及び栗)を使ったチョコレートを開発しました。昨年11 月29 日に同校でそのプレゼンテーションを含めた試食審査会があり、その審査にあたりました。
梅や柚子はチョコレートとは相性が良くなく、良い製品が作れないと思っていましたが、生徒が一生懸命開発したチョコレートはどれも美味しく驚きました。そして生徒の皆さんが越生町の魅力の発信と梅・柚子の販売単価を上げるため真剣に取り組んでくれていることに感動しました。
 なお、同校によると梅、柚子、栗の各部門で最優秀に選ばれたチョコレートを、3 個組でバレンタインデー前の2 月10 日~ 12 日に、当町のうめその梅の駅、都内及び川越市内において数量限定で販売する予定とのことです。

▲審査の様子

能登半島地震発生

 1月1日能登半島地震が発生しました。亡くなられた皆様、また被災されました皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
4 日に仕事始め式を行い、大きな地震が新年早々発生した。緊張感を更に強め、職務に専念するように訓示しました。そしてこの地震に関し、職員の募金を送付し、これとは別に越生町として義援金を贈ることも決定しました。その他募金箱を町内の6 箇所に設置しました。
 なお、職員1 名を石川県七尾市に災害派遣しました。また、技術職員と水道課職員計2名を派遣の準備をした他、被災者の避難所として、町営住宅を提供することも決定しました。(1月22日現在)

県懇談会で親交を深める

「県と市長会・町村長会との新年懇談会」が1 月10 日さいたま市の知事公館で行われました。
 この会は埼玉県が主催、知事の他副知事・部長等県の幹部が出席して、市町村長会からは県内のほとんどの市長・町村長が出席します。この会で私は多くの県の幹部と懇談して親交を深めました。中でも砂川副知事と話している中で、高校の同窓であることがわかり、お互いに親近感を持つことができ、人脈の輪が更に広がりました。また、私と同姓同名の新井康之宮代町長とも情報交換をしました。全国で1700 を超す自治体がある中で、同姓同名の首長は我々2 人だけのためか、大野県知事も覚えてくれています。この日の懇談会で更に多くの人と親交を深めましたので、今後の町政に活かしていきます。

▲新井康之宮代町長、大野県知事、新井康之越生町長

過去のひと言

令和5年度 施政方針

プロフィール

新井 康之 (あらい やすゆき)

昭和19年7月生まれ

昭和32年 梅園小学校卒業

昭和35年 梅園中学校卒業

昭和38年 埼玉県立川越高等学校卒業

昭和42年 日本大学法学部卒業

平成19年7月 越生町議会議員に初当選(連続4期当選)

令和3年2月 越生町長に就任

歴任役職

・越生町議会議長(5年)

・入間郡町村議会議長会会長(2期)

・埼玉県町村議会議長会理事

・毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会副議長

・越生町監査委員

・越生町駅前防犯パトロール隊隊長 他

町長交際費

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 地域支援・防災安全担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-5400
​​​​​​​総務課へのお問い合わせはこちらから