現在の位置

越生町防災重点ため池について

平成30年7月の西日本豪雨の際に、農業用ため池の決壊によって甚大な被害が発生しました。その後、国の新たな基準により町内12箇所の内、6箇所の農業用ため池が、防災重点ため池として選定されました。

選定された農業用ため池については、「越生町防災重点ため池マップ」をご確認ください。

 

ため池データ(PDF:71KB)

防災重点ため池ハザードマップ

防災重点ため池に指定された農業用ため池6箇所について、自然災害によりため池が決壊した場合の氾濫シミュレーションで、被害範囲を予測したハザードマップを公表します。

山田の沼池(PDF:3.4MB)

北ヶ谷戸沼池(PDF:3.5MB)

弁天沼(PDF:3.6MB)

谷田上・下沼池(PDF:3.7MB)

学頭沼(PDF:2.4MB)

防災重点ため池とは・・・

地震等により堤体が決壊した場合、浸水区域に公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれがあるため池です。

 

越生町防災重点ため池マップ(PDF:981KB)

なお、防災重点ため池に選定された農業用ため池については、耐震、豪雨、劣化状況を調査し、その結果に応じて、必要な防災工事等の整備を進めてまいります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。