現在の位置

越生町ウェルカム赤ちゃん事業のご案内

越生町早期不妊検査費助成事業

 越生町では、不妊に悩むご夫婦の経済的な負担を軽減するため、ご夫婦で不妊検査を受けた方を対象に検査費用の助成します。

注意)不妊検査を受けた方すべてが対象となるものではありません。

対象となる方

法律上の夫婦で次の1~4に該当する方

1.夫婦のうちいずれかが越生町に住所がある方

2.不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦で、夫婦そろって検査を受けていること

3.平成29年4月1日以降に検査が終了し、その検査の期間が6か月未満であること、また、検査の終了から6か月以内(検査が終了した日の属する月の翌月の初日から起算)の申請であること

4.過去に他市町村を含め、同一の助成を受けていないこと

注意)助成は1夫婦につき、1回限りとなります

対象となる検査

夫婦がともに指定医療機関(※)で受けた検査で特定不妊治療の一環として受ける不妊検査ではないこと。また、夫婦で受けた不妊検査で、夫婦のどちらかが検査を開始した日の早い方から、夫婦のどちらかが検査を終了した日の遅い方までの期間が6か月以内のもの。

※指定医療機関については埼玉県または厚生労働省のホームページにてご確認ください

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/boshi/funinchiryo.html

助成金額

助成対象となる不妊検査にかかる費用のうち助成対象者の自己負担に対し、2万円を上限に助成します。

申請に必要な書類

1.越生町不妊検査費助成事業申請書

2.越生町不妊検査費助成事業に係る実施証明書

3.指定医療機関が発行した領収書(原本)

4.助成金の振込先の通帳(保健センターで通帳表紙裏の見開き部分のコピーをさせていただきます)

5.印鑑

申請場所

越生町保健センター

※時間に余裕をもってお越しください

越生町不妊検査費助成事業申請書(PDF:123.2KB)

越生町不妊検査費助成事業に係る実施証明書(PDF:218.3KB)

越生町不妊治療費助成事業

 越生町では、不妊治療(特定不妊治療・男性不妊治療)を受けたご夫婦に、経済的負担を軽減するため、費用の一部を助成します。

埼玉県ホームページ「不妊治療費助成事業のご案内」(不妊治療費・不妊検査費)

対象となる方

次の事項にすべて該当すること
1.夫婦の双方が助成金の申請日において、1年以上前から越生町に住所を有していること
2.埼玉県不妊治療費助成事業助成金の支給の決定を受けていること
3.町税等を滞納していないこと

対象治療

埼玉県が指定する医療機関において実施された夫婦間における体外受精治療、顕微授精治療(以下「特定不妊治療」という。)、指定医療機関又は指定医療機関から紹介を受けた医療機関で特定不妊治療の一環として行った精巣内精子生検採取法(TESE)又は精巣上体内精子吸引採取法(MESA)その他精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術等(保険適用外診療に限る)(以下「男性不妊治療」という。)とする。

助成金額

・助成金の額は、助成対象経費から埼玉県不妊治療費助成事業による助成金を控除した額とし、特定不妊治療は10万円を限度とし、男性不妊治療は5万円を限度とする。
・夫婦1組につき1年度あたり1回とし、通算で5年度まで支給する。

申請に必要な書類

越生町ウェルカム赤ちゃん事業助成金支給申請書
添付書類
1.埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
2.埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
3.治療費の領収書
4.助成金の振込先となる口座の通帳(保健センターで通帳表紙裏の見開き部分をコピーさせていただきます)

申請場所

越生町保健センター

※時間に余裕をもってお越しください

 

 

越生町ウェルカム赤ちゃん事業助成金支給申請書(PDF:96.6KB)

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。