現在の位置

梅のしおり

梅料理のレシピ

(イラスト)梅

 梅一輪一輪ほどの暖かさ(嵐雪)、と詠まれるように、梅は初春の季語となっています。
 古代に中国から伝わったバラ科の落葉樹で、普通、花は白色五弁ですが、淡紅色・紅色もあり、八重もあります。
 また、梅干は昔から「三毒を断つ」といわれ、解毒・浄化・殺菌作用をもつことで、旅への携帯やさまざまな病に用いられてきました。
 成分には、疲労回復や老化防止に役立つクエン酸が多量に含まれ、アルカリ性食品の王様として、健康的な生活を支えています。

減塩梅干し(PDF:48.3KB)

梅ジャム(PDF:28.8KB)

梅酒(PDF:28.4KB)

梅のハチミツ漬(PDF:27.4KB)

小梅のカリカリ漬(PDF:31.1KB)

梅肉エキス(PDF:27KB)

甘露梅(PDF:31.5KB)

梅の甘露煮(PDF:30KB)

梅の粕漬(PDF:33.1KB)

梅サワー(PDF:28.2KB)

紫錦梅(梅びしお)(PDF:32.1KB)

梅ゼリー(PDF:29KB)

梅のシロップ漬(PDF:26.7KB)

梅の赤漬(PDF:27.7KB)

「梅のしおり」一括ダウンロード(PDF:541.1KB)

お問い合わせ先
産業観光課 観光商工担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-3351
産業観光課へのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。