現在の位置

平成31年度町民税・県民税の申告のお知らせ

平成31年度町民税・県民税の申告のお知らせ

 平成31年度(平成30年分)町民税・県民税の申告の受付は、2月18日(月曜)から3月15日(金曜)までとなります。
 申告が必要な方は、3月15日(金曜)までにお越しください。

町県民税申告相談日程表

【 会場 】 越生町役場 2階 会議室
【申告期間】 2月18日(月曜)〜3月15日(金曜)
土曜日の午後、日曜日は除きます
【受付時間】 午前9時〜11時、午後1時〜4時
土曜日は、午前9時〜11時のみ

 

2月
18日 越生東一
19日 越生東二
20日 黒山・龍ヶ谷
21日 黒岩
22日 西和田
23日 土曜開庁相談日
25日 上谷・堂山
26日 小杉
27日 上野一
28日 上野二
     
3月
 1日 津久根・麦原
 2日 土曜開庁相談日
 4日 大谷・成瀬
 5日 鹿下・古池
 6日 唐沢・上野東
 7日 大満
 8日 如意・如意東・しらさぎ
 9日 土曜開庁相談日
11日 河原・新宿
12日 上町・仲町
13日 本町
14日 上台
15日 (予備日)

 

・2月21日と22日は、税理士による無料申告相談を行います。
・指定日にお越しいただけない場合は、別の日に申告することも可能です。
・土曜日や予備日は混雑が予想されます。

次の申告については税務署での受付です。

・土地・建物・株、ゴルフ会員権などの譲渡所得
・住宅借入金等特別控除(初年度の方)
・青色申告
・平成29年分以前の所得税の申告
・雑損控除を受けられる方
・源泉徴収の対象とならない公的年金等(外国で支払われる年金)の受給者

その他、申告の内容によっては税務署へ直接申告をお願いする場合があります。

申告が必要かどうかについてはこちらからご確認ください

町県民税・所得税の申告(PDF:434.4KB)

公的年金を受給されている方(PDF:120.8KB)

町民税・県民税申告書について

 町県民税の申告書につきましては郵送希望された方などに対して、2月上旬に送付させていただく予定ですが、届かない場合や必要な場合はご連絡ください。
 手引きはこちらからダウンロードできます。
 

町民税・県民税の申告の手引き(PDF:568.7KB)

申告に必要なもの

1.役場または税務署から送付された「確定申告のおしらせ」または「申告書」(送付されている方のみ)
2.印鑑
3.マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード(マイナンバー通知カードの場合は運転免許証などの身分証明書も必要です) ※扶養親族がいる場合には、全員分のマイナンハ゛ーカードまたはマイナンバー通知カードが必要になります。
4.給与所得・年金所得のある方は、源泉徴収票(原本)
5.事業所得・不動産所得のある方は、収支内訳書・収入金額および必要経費のわかる帳簿類・領収書など ※収支内訳書は、帳簿などから事前に作成してください。
6.その他の所得者は、平成30年中の収入(所得)内容がわかる書類
7.平成30年中に支払った各種関係書類
・社会保険(国民健康保険税・介護保険料・後期高齢者医療保険料・国民年金保険料等)の領収書や証明書など
・生命保険・地震保険の控除証明書
・寄附金控除を受ける方は、寄附をした際の領収書
・医療費控除を受ける方は、平成30年中にかかった医療費通知または医療費の領収書や保険で補填された場合は、その金額がわかる書類など ※医療費の領収書は、事前に個人・医療機関ごとにまとめ、金額を集計してください。 ※この控除を受ける方は、セルフメディケーション税制の適用を受けられません。
・セルフメディケーション税制を受ける方は、特定健康診査や定期健康診断等の一定の取組を行った領収書や結果通知書を持参し、対象となるスイッチOTC薬(レシート等に★印等の記載でセルフメディケーションの対象商品であるもの)のレシートなど ※対象となる費用は、事前にとりまとめ金額を集計してください。 ※この控除を受ける方は、通常の医療費控除を受けられません。
8.申告者本人名義の口座番号の分かる資料(所得税の還付申告予定の方)
9.本人または扶養親族が障がい者の場合は、身体障がい者手帳など
10.学生の方は、学生証

申告書等の作成には「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください

・役場や税務署の申告会場は混雑します。「ID・パスワード方式の届出完了通知」をお持ちの方は、平成31年1月から国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」でIDとパスワードを入力すればe-Taxで申告することができますので、是非ご利用ください。
・IDパスワードの取得は川越税務署で取得できます。取得方法等は、事前に問合せを行い、取得してください。
・IDとパスワードが無い場合でも「確定申告書等作成コーナー」を使えば、ご自宅で確定申告書を作成できます。操作は案内に従って入力すれば、税額などが自動計算されます。
・確定申告書等作成コーナー等のパソコン操作に関するご質問等は、e—Tax・作成コーナーヘルプデスク(電話番号0570-01-5901)へお問い合わせください。
【ヘルプデスクの受付時間】
月曜日〜金曜日 9時〜17時(祝日及び12月29日〜1月3日を除きます)
確定申告期間中は、原則として月曜日〜金曜日の9時〜20時となります。

住宅借入金等特別控除を申告される方へ

次に該当する住宅借入金等特別控除は、税務署へ直接申告をお願いします。
・初めて住宅借入金等特別控除を受ける方
・増改築、認定長期優良住宅の新築等、住宅借入金の連帯債務、ローンの借り換え、マイホームの譲渡、中古住宅の購入を行った方
※住宅借入金等特別控除の申告をされる方は、町県民税に控除額を反映させるため、必ず町県民税の納税通知書が送達される時までに申告をしてください。なお、納税通知書が送達された時以降に申告をした場合は制度の適用を受けることができません。

 

上場株式等の配当所得等に係る課税方式の選択について

上場株式等の配当所得や上場株式等の譲渡所得(源泉徴収がある特定口座)について、所得税と町県民税で異なる課税方式を選択することができます。
所得税の確定申告で上場株式等の配当所得等を申告する場合は、町県民税も同様の課税方式が適用されます。ただし、町県民税での課税を希望しない方は、町県民税における申告不要制度を選択することができます。
課税方式の選択を希望される方は、町県民税の納税通知書が送達される時までに、確定申告とは別に、町県民税申告書を税務課へ提出してください。また、申告会場でも受付をしています。なお、納税通知書が送達された時以降に申告をした場合は制度の適用を受けることができません。
 

ふるさと納税をされた方へ

ふるさと納税をされた方のための確定申告書作成の手引き

をご参照ください。

医療費控除について

本人や本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために、平成30年1月から12月までに支払った医療費の合計金額が10万円(その年の所得が200万円未満の方は所得の5%)を超えた場合は、医療費控除を受けることができます。

控除額の計算方法
控除額(最高200万円) (その年中に支払った医療費−保険金等による補てん金)
総所得金額等の合計額×5% と10万円 のいずれか少ない金額) 
 

 

 

セルフメディケーション税制について

国民のセルフメディケーション(自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること)の推進を目的として創設された新税制です。健康の保持推進および疾病の取り組みとして一定の取り組みを行う方で、自己または自己と生計を一にする親族のために支払った特定一般用医薬品等購入費がある場合、その年中に支払った購入費の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額について所得から控除することができます。なお、控除の対象となるのは、特定一般用医薬品等購入費であり、一定の取り組みにかかった費用については対象となりません。

※従来の医療費控除とセルフメディケーション税制による控除を同時に受けることはできません。申告する方の選択によって、いずれかの控除を受けることができます。

控除額の計算方法
控除額(最高8万8千円) その年中に支払った特定一般用医薬品等購入費 保険金等による補てん金 1万2千円

 

お問い合わせ先
税務課 課税担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-6405
税務課へのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。