現在の位置

地震から身を守る10か条

1.テーブルの下などに身をふせる

 揺れを感じたら、倒れやすい戸棚や本棚からすぐ離れ、丈夫なテーブルや机の下に身をかくす。座ぶとんなどが身近にあれば、頭部を保護。

(イラスト)テーブルの下に身を伏せる

2.すばやく火の始末を

 「火を消せ!」とみんなで声をかけ合い、ガスコンロやストーブなどの火を確実に消す。ガス器具は元栓を閉め、電気器具は電源プラグを抜く。

(イラスト)すばやい火の始末

3.窓や戸を開けて出口の確保を

 玄関などの扉を開けて非常脱出口を確保。鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと建物がゆがみ、出入口があかなくなることがある。

(イラスト)出口の確保

4.火が出たら初期消火を

 消火器やバケツなどの消火用具でボヤのうちに消し止める。「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求める。

(イラスト)初期消火

5.外へ逃げるときはあわてずに

 あわてず落ち着いた行動を。逃げるときは瓦やガラス、看板などの落下やブロック塀などの倒壊に注意。

(イラスト)あわてない

6.狭い路地や塀ぎわ、がけ・川べりなどに近づかない

 ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので注意。

(イラスト)ブロック塀などに注意

7.山崩れ・がけ崩れ・津波に注意

 ラジオやテレビで正しい情報を入手する。津波警報が発令されたら、急いで高い場所に逃げる。

(イラスト)山崩れに注意

8.避難は早めに。まだ大丈夫は危険

 決められた避難場所に、できるだけ集団で、歩いて避難を。持ち物は最小限に。

(イラスト)避難は早めに

9.協力し合って応急救護

 軽いケガなどの処置は、みんながお互いに協力し合って応急救護を。

(イラスト)応急救護

10.正しい地震情報に耳をかせ

 うわさやデマに振り回されない。ラジオやテレビなどで正しい情報を。

(イラスト)正しい地震情報を

お問い合わせ先
総務課 自治振興担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-5400
総務課へのお問い合わせはこちらから