現在の位置

犬の飼育のマナーについて

犬を飼っている皆様へ!飼育マナーを守りましょう!

散歩の際のフン及びオシッコの始末について

 

 飼い主の皆さんへ!最近、犬のフン・オシッコの放置により、迷惑をしている方々から多くの相談が寄せられています。

 散歩の前に、犬の排泄は、すませてからお願いいたします。

 散歩の際、フンの回収袋やオシッコの洗い流し用ペットボトルなど十分な量の水を持参してください。(水洗いのために、ペットボトル2本程度(約1リットル)必要になります。)

 オシッコをしたときは、すぐに十分な水で洗い流しましょう。

 やむを得ず、道路や公園、他人の土地などに「フン」をしたら必ず持ち帰りましょう。

 もし、自分の家の玄関に「フン」をされていたらどう思うか考えて行動してください。

 飼い主皆さんの努力で犬のフン・オシッコ問題ゼロの町を目指しましょう!

 

 

引綱について

 「埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例」で犬の放し飼いは禁止されています。

 散歩に出かける際は、必ず、引綱(リード)を装着してください。

 絶対に、公園内・公共の場所などでの放し飼いはしないでください。

 また、犬の登録・狂犬病予防注射を行った後に、町等で交付する犬鑑札・注射済票を犬の首輪等に必ず付けましょう。

 迷子になって際の名札代わりにもなります。