現在の位置

DV被害を受けた母子のための心理教育プログラム   「びーらぶ」

埼玉県では、DV(配偶者などからの暴力)被害を受けた母子の心の回復と自立を支援するため、心理教育プログラム「びーらぶ」の参加者を募集します。
DV被害を受けた母親とその子どもは、身体だけでなく心に大きな傷を負い、暴力から逃れた後もさまざまな問題を抱えています。本プログラムでは、子どもと母親が同じテーマを同時並行で学びます。子どもは遊びや人形劇を通じて「大切な存在である自分」に気付き、母親はグループでの話し合いなどを通じて「本来の自分の力」を取り戻していきます。
平成29年度は、5会場(5地区)で実施します。

【対象】
DV加害者とは離れて暮らしている女性とその子ども。
離婚が成立しているか、元には戻らないという意思のある方。
原則として県内在住、在勤または在学の方。
※プログラムに参加できる子どもはひとりです。
 ごきょうだいがいる場合は託児があります。(小学生も可)
※治療中及びカウンセリング中のかたは医師、カウンセラーの了解を取ってください。

【日時】
実施地区ごとに対象・日程が異なります。

(1)中央地区
小学校1~3年とその母親
平成29年7月の土曜日(全2回)

(2)南部地区
小学校1~3年とその母親
平成29年9~10月、翌年1月の日曜日・祝日(全6回)

(3)東部地区
小学校1~3年とその母親
平成29年12~翌年1月、3月の日曜日(全6回)

(4)西部地区
年中・年長学年とその母親
平成29年9~11月、翌年2月の日曜日(全6回)

(5)北部地区
年中・年長学年とその母親
平成29年7月の日曜日・祝日(全2回)

【場所】
(1)~(5)の会場はそれぞれ異なります。申込者に会場をご案内します。

【費用】
参加費:無料
託児:あり(無料・詳細はお問合せください)

【申し込み】
参加を希望される方は、埼玉県男女共同参画課(電話048-830-2925)までお問合せください。