現在の位置

手足口病の患者報告数が増加しています

手足口病の流行警報が発令されました

手足口病の患者報告数が増加しています。

手足口病は4歳くらいまでの乳幼児を中心に流行し、感染すると口の中、手のひら、足の裏や足の甲などに2ミリメートルから3ミリメートルの水疱性の発疹が出る病気です。また、38度以下の軽い発熱をともなうこともあります。

毎年、夏季を中心に流行するため、注意が必要です。手洗いを心がけて感染予防に努めましょう。

予防のポイント

手足口病の主な感染は、くしゃみや咳などに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」、ウイルスがついた手で口や鼻などの粘膜に触れることによる「接触感染」、便の中に排泄されたウイルスが口に入る「経口感染」です。

予防には手洗いをしっかり行うことが重要です。また、小さなお子さんのいるご家庭や保育園等で、おむつを交換するときなどは、排せつ物を適切に処理し、しっかりと手洗いしてください。

有効な予防接種や特効薬はありません。しっかりと対策しましょう。

関連ページ

埼玉県感染症情報センターホームページ

厚生労働省ホームページ(手足口病)

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから