現在の位置

新型コロナウイルス感染症について

町民のみなさまへ

 町民のみなさまにおかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケットやこまめな手洗い、うがいなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
 特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」が、集団感染の共通点です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

 多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットやこまめな手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いいたします。会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応もあわせて検討いただけますようお願いいたします。

 厚生労働省や埼玉県では、必要な情報の収集や公表を行っています。最新の正確な情報をご確認ください。

新型コロナウイルスについて

1.コロナウイルスとは

 発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることがわかっています。そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。残りの4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。

2.新型コロナウイルスについて

 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

(1)感染力

 感染力は事例によって様々です。一部に、特定の方から多くの人に感染したと疑われる事例がある一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていません。

(2)症状

 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

 罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。

3.感染経路

 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

(1)沫感染

 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

(2)接触感染

 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がそのものを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

4.新型コロナウイルスを防ぐには

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

厚生労働省「密を避けて外出しましょう」(PDF:1.2MB)

厚生労働省「新型コロナウイルスを防ぐには」

厚生労働省「一般的な感染症対策について」

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

家庭内でご注意いただきたいこと

やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策みんなでできること

 





『出典:政府インターネットテレビ』

 

家庭ごみ対策について(PDF:543.6KB)

高齢者として気をつけたいポイント

日本老年医学会リンク

「新型コロナウイルス感染症」 高齢者として気をつけたいポイント(PDF:894.8KB)

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンターについて

 埼玉県では、3月1日(日曜)より、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」を開設しました。曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターをご紹介いたします。ただし、学校の臨時休業等に伴う相談を除きます。

 

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

電話 0570-783-770(24時間受付)

注:聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、ファックスをご利用ください。(ファックスによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。)

保健医療部保健医療政策課ファックス 048-830-4808

坂戸保健所ファックス 049-284-2268

 

相談の流れ

「新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」(PDF:281.7KB)

埼玉県「新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口等の設置について」

埼玉県新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談窓口

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
(1)発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
(2)発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
 

2.帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安
○以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
(1)風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
○なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
(1)高齢者
(2)糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
(3)免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(妊婦の方へ)
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については 、目安どおりの対応をお願いします。
○なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い
○帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、 手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる) の徹底をお願いします。

 

4.帰国者・接触者相談センター

坂戸保健所(所在地:坂戸市石井2327-1)

 電話番号 049-283-7815

 ファックス番号 049-284-2268

  注:その他県内の保健所も電話相談を開設しています。

 

5.利用にあたっての注意事項

 休日夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力平日昼間の時間帯での相談をお願いします。

埼玉県「新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口等の設置について」

厚生労働省の電話相談窓口

 ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 電話番号 0120-565-653(フリーダイヤル)

 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

 ファックス番号 03-3595-2756

関連ページ

埼玉県「新型コロナウイルスに関連した肺炎について」

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

国立感染症研究所「コロナウイルスに関する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルスに関連する情報」

首相官邸「一人ひとりができる対策を知っておこう」

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。