現在の位置

がん検診関係

胸部検診(結核検診・肺がん検診)

肺や心臓などを透過像としてフィルムに映し出す検査。異常があると白い影となって映ります。治りにくい咳、血痰、胸痛、息切れ、発熱、声のかれなどの症状は危険サインです。

 

胸部検診詳細
対象者

40歳以上の方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・胸部X線撮影、必要に応じて喀痰細胞診(3日畜痰法)
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 胸部X線:200円    喀痰細胞診:500円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

 

胃がん検診

バリウム液を飲んで、食道・胃・十二指腸をX線で映す検査。
異常があるとバリウムが均一に付かずムラとなって映ります。
胃がんだけでなく、良性のポリープや潰瘍も発見できます。

 

胃がん検診詳細
対象者

30歳以上の方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・胃部X線検査(バリウムと発泡剤等を飲んで実施)
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 700円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

 

大腸がん検診

大腸にがんやポリープがあると、出血がみられます。便の中の血液の有無を調べ、大腸内の出血の有無を検査します。2015年にはすべてのがんの中で最も多くなると推定されています。
特に肉食の多い、欧米型の食生活の方は、気をつけましょう。

 

大腸がん検診詳細
対象者

40歳以上の方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・便潜血検査免疫法
(注)検便提出期間中に2日分の採便をし、提出します。
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 200円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、追加申込み

 

子宮頸がん検診

子宮頸部を検査用のブラシでこする「細胞診」という検査。子宮頸がんは30〜40歳代に多く、近年、20歳代の増加が目立ちます。
増殖のスピードが非常に遅く、正常な細胞ががん細胞になる前の変異を診断でき、早期発見しやすいがんです。

 

子宮頸がん検診詳細
対象者

20歳以上の女性で前年度に受診されていない方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・内診・子宮頸部の細胞診(子宮頸部の表面の細胞を採取します)
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 700円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

 

乳がん検診

医師による視触診と、乳房専用のX線撮影(マンモグラフィー)で検査します。
30歳代から増えはじめ、50歳前後でピークをむかえます。他のがんと比べて、早い時期から転移しやすい特長があります。また、自分で発見することができる唯一のがんです。

自己触診法は下記ファイルをご覧ください。

乳房自己触診法(PDF:633.1KB)

 

乳がん検診詳細
対象者

40歳以上の女性で前年度に受診されていない方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・視触診・マンモグラフィ(乳房X線撮影)を行います。
(視触診のみの受診はできません。)
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 1,000円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

平成29年4月1日現在、30歳、32歳、34歳、36歳、38歳の方を対象に乳がん検診(視触診、超音波検査)を実施します。詳しくは対象の方に通知します。

 

前立腺がん検診

前立腺に特有なたんぱく質であるPSAの値を調べる血液検査です。
初期は症状も少ないため発見が遅れがちですが、この検査により早期発見が可能であり、早期に治療すれば完治も十分に可能です。

 

前立腺がん検診詳細
対象者

50歳以上の男性(定数制限あり)

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・血液検査(PSA検査)
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 500円
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

 

がん検診推進事業(子宮頸がん検診・乳がん検診)

日本のがん検診受診率を50パーセントに挙げることを目標として、がん対策事業を実施します。対象者には、検診を無料で受診できるクーポン券を郵送します。

詳しくは下記ファイルをご覧ください。

がん検診無料クーポンのお知らせ(PDF:244.1KB)

肝炎ウィルス検診

B型・C型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを調べる血液検査です。
感染していても症状が軽かったり、出ない場合が多く、そのまま放っておくと肝硬変や肝がんへと進行することもあり早期の発見が大切です。
日常生活の場では、感染することはほとんどないことがわかっていますので、現在のところ1回受ければよいとされています。

 

肝炎ウィルス検診詳細
対象者

今までに肝炎ウイルス検診を受けたことがない40歳以上の方

(対象者の年齢は、平成29年度末現在の年齢です)

内容
問診・血液検査
日時
広報・保健センター事業のご案内に掲載しております。(詳しくは窓口にお問い合わせください。)
場所 越生町保健センター
検診料 無料
申し込み方法 前年度末の検診年間申込み又は、検診当日申込み

 

検診スケジュール

くわしい日程は保健センター事業のご案内をご覧ください。

平成29年度保健センター事業のご案内(PDF:535.7KB)

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。