現在の位置

年末年始の海外渡航での感染を予防しましょう

 年末年始には多くの方が海外へ渡航しています。海外にいる間に感染症にかかることなく、安全に帰国することができるように、注意するべき感染症とその予防対策について知っておきましょう。

 感染予防のポイント

1.感染症の正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。

2.日本にはない動物や蚊などが介する感染症に注意しましょう。

3.渡航先にもよりますが、食べ物や水を介した消化器系の感染症がもっとも可能性が高い病気です。注意しましょう。

4.日本では、減少傾向または発生していない感染症であっても(麻しん、風しん、ポリオ)海外では感染することがあるので注意しましょう。

渡航の前に

1.渡航先の感染症情報を厚生労働省や外務省のホームページなどで確認しておきましょう。

2.渡航の前にこれまで受けた予防接種について確認しましょう。国内の感染症を海外に持ち出さない、海外の感染症を国内に持ち込まないため、予防対策が十分でない場合は予防接種を受けましょう。

3.渡航が決まったら、外務省が提供する海外安全情報配信サービス「たびレジ」に登録し、最新の安全情報を受け取りましょう。

渡航中、帰国後に体調が悪くなったら

1.空港や港に設置されている検疫所では渡航者の方を対象に健康相談を行っています。体調に不安がある際は相談しましょう。

2.感染症には発症までに時間がかかるものもあります。帰国してしばらくしてからでも、体調が悪くなった場合には、早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、渡航先での職歴や活動内容、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて必ずお伝えください。

3.その他不安な点は保健所に相談しましょう。

厚生労働省ホームページ

 さらに詳しい海外の感染症とその予防法についての情報は、厚生労働省のホームページで公開されています。

海外渡航の予定がある方は事前に余裕をもって確認しておきましょう。

厚生労働省ホームページ「年末年始における海外での感染症予防について」

報道発表資料

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから