現在の位置

危険です!熱中症

 6月下旬から埼玉県内の最高気温が38度になるなど気温が高い予報が出ています。また、熱中症は、気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。真夏の炎天下だけではなく、室内、夜間でも発生しています。 熱中症の危険性を知るためにも、気温予報や熱中症警戒アラートをぜひご活用ください。

また、マスクの着用が推奨されているのは、以下の通りです。

1.屋外

他者と身体的距離(2m以上を目安)が確保できない中で会話を行う場合のみ。
​​​​​​それ以外の場面については、マスクの着用の必要はありません(例:公園での散歩やランニング、サイクリング/徒歩や自転車での通勤、屋外で人とすれ違う場面)。

2.屋内

他者と身体的距離が確保できて会話をほとんど行わない場合(例:距離を確保して行う図書館での読書、芸術鑑賞)以外はマスクの着用を推奨。

厚生労働省のホームページもご参照ください。​​​​​

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

体温調節がうまくできない高齢者や子ども、肥満の人などは熱中症にかかりやすいので特に注意が必要です。

熱中症予防5つのポイント

上手にエアコンの活用を

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。

周りの方も、高齢者のいる部屋の温度に気を付けてください。

暑くなる日は要注意

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。

特に、梅雨明けで急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です。

また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。猛暑の時は、エアコンの効いた室内など、早めに涼しいところに避難しましょう。

水分はこまめに補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう。

汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。ビールなどアルコールを含む飲料は、かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。

また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。寝る前も忘れずに!

日本高血圧学会減塩委員会から以下の提言がされています。

  • 水分は夏には多く摂ることが望まれます。
  • 塩分は高血圧の人は夏でも制限することが望まれます。
  • 発汗が多い場合には,水分とともに少量の塩分とミネラルを補給することが望まれます。

「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。

スポーツ等行事を実施する時は気温や参加者の体調を考慮して熱中症を防ぎましょう。

「熱中症予防5つのポイント」は、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター、さいたま市立病院救急科の協力をいただいて作成したものです。

 

参考:埼玉県「熱中症予防5つのポイント」

関連リンク

埼玉県「熱中症予防3つの備え」

気象庁「2週間気温予報」

気象庁ホームページ「熱中症から身を守るために」

環境省「熱中症予防情報サイト」

厚生労働省「マスクの着用について」

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから