現在の位置

熱中症にご注意ください

 

 熱中症は、気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。真夏の炎天下だけではなく、室内、夜間でも発生しています。対処が遅れれば、命を失う危険もあります。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

体温調節がうまくできない高齢者や子ども、肥満の人などは熱中症にかかりやすいので特に注意が必要です。

熱中症予防5つのポイント

高齢者は上手にエアコンを

節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。

暑くなる日は要注意

急に暑くなる日は、体が暑さになれていないため要注意です。

夏の猛暑日も注意が必要です。

水分はこまめに補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう。

「おかしい!?」と思ったら病院へ

「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

周りの人にも気配りを

自分のことだけではなく、周りの人にも気を配りましょう。

出典:埼玉県保健医療部健康長寿課

熱中症予防5つのポイント(PDF:1.1MB)

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。