現在の位置

骨髄移植ドナー助成事業

骨髄移植ドナー助成事業を開始しました

 骨髄移植とは、病気などの理由によって正常な造血が行われなくなった場合に、患者さんの骨髄を健康な人(ドナー)から提供された骨髄に置きかえて病気を根本的に治すことです。骨髄移植が対象になる病気は、白血病、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群などがあります。

助成交付対象者は・・・

 公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了した方で、他の助成金等の交付(ドナー休暇取得を含む)を受けていない方が対象になります。

助成内容は・・・

 骨髄等の提供に係る通院又は入院の日数1日につき2万円、1回の骨髄等の提供につき14万円(7日)を限度とします。
 骨髄等の提供に係る通院又は入院とは、次の4項目です。

  1. 健康診断のための通院
  2. 自己血貯血のための通院
  3. 骨髄又は末梢血幹細胞の採取のための入院
  4. その他骨髄・末梢血幹細胞の提供に関し、バンクが必要と認める通院、入院及び面接

交付申請は・・・

 越生町骨髄移植ドナー助成費交付申請書兼請求書にバンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証する書類を添えて骨髄等の提供が完了した日から90日以内に申請してください。

骨髄移植のドナーとなるには、ドナー登録が必要です・・・

 「骨髄バンクドナー登録申込書」に必要事項をご記入の上、署名し、赤十字骨髄データセンターの登録窓口か、全国各地で行われているドナー登録会に「登録申請書」をご持参ください。(ドナー登録にも一定の条件があります。)

骨髄バンクホームページ

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから