現在の位置

平成28年8月からの介護保険制度の改正について

●平成28年8月からの介護保険制度の改正について

 

介護保険制度改正に伴い、介護保険負担限度額認定の支給基準が変更になります。

 

■低所得の施設入所者の食費・部屋代の軽減について支給基準が変わります

介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)やショートステイを利用する方の食費・部屋代については、ご本人による負担が原則ですが、低所得の方については、食費・部屋代の負担軽減を行っています。

自宅で暮らす方、保険料を負担する方、老齢年金を受給している方との公平性を更に高めるため、食費・部屋代の負担軽減措置の利用者負担段階の判定に、非課税年金(遺族年金と障害年金)も含めるよう見直しを行います。

現在、世帯の全員(世帯を分離している配偶者を含む。)が市町村民税が非課税であって、年金収入等が80万円以下の方で一定額以上の預貯金等(単身で1,000万円、夫婦で2,000万円)をお持ちでない方は、食費・部屋代について、利用者負担段階第2段階の負担をしていただいています。

食費・部屋代の利用者負担段階の判定に用いる収入には、現在は課税年金(老齢年金など)収入のみが対象になっておりますが、8月からは非課税年金(遺族年金と障害年金)収入も含めて判定することになります。

このことにより、現在、利用者負担段階が第2段階である方のうち、非課税年金を一定額受給されている場合には、利用者負担段階が第3段階になる場合があります。

厚生労働省リーフレット(負担軽減の支給基準が変更になります)(PDF:379.4KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。