現在の位置

生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画

 平成30年6月6日に「生産性向上特別措置法」が施行されました。
 この法律は、中小企業における設備老朽化や少子高齢化・人手不足、働き方改革への対応等の厳しい事業環境を乗り越えるため、老朽化が進む設備等を生産性の高い設備への一新させ、労働生産性の飛躍的な向上を図ることを目指すものです。

導入促進基本計画

 生産性向上特別措置法第37条第1項に規定されており、市町村が作成するもので、越生町では、以下の「導入促進基本計画」を策定し、平成30年10月30日に国から同意を得ました。

越生町導入促進基本計画(PDF:74.3KB)

先端設備等導入計画

 本町に所在している中小企業・小規模事業者等は、越生町導入促進基本計画に基づき先端設備等導入計画を作成し、本町から認定を受けた場合は、生産性向上のために取得した設備に係る固定資産税が3年間ゼロに軽減されるなどの優遇措置が受けられます。

詳しくは、以下のページをご参照ください。

中小企業庁 経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」

先端設備等導入計画策定の手引き

申請関係様式

先端設備等導入計画に係る認定申請書(WORD:23.5KB)

先端設備等導入計画に係る認定申請書(記載例)(PDF:192KB)

先端設備等に係る誓約書(WORD:23.6KB)

認定支援機関確認書(WORD:25.8KB)

工業会等の証明書については、以下のページをご参照ください。

中小企業庁「工業会等による証明書について」

お問い合わせ先
産業観光課 観光商工担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-3351
産業観光課へのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。