現在の位置

H26-27 越生神社祭典 黒岩町山車

 毎年7月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

 黒岩町の山車は、旧黒岩村村社の八坂神社が合祀されて越生神社が創立された明治42年(1909)に、熊谷の鎌倉町から125円で購入したものである。錺金具や幕に、鎌倉町の「鎌」と「宮本」があしらわれている。天井絵の紀年銘から明治27年の製作と推測される。囃子台は唐破風付きの屋根を持ち、越生では唯一の二重鉾(三重高欄)、三輪の山車である。本来は、より高く迫り上がる構造の上鉾には、牛頭天王の化身とされる素戔鳴尊の巨大な人形が乗る。

 

027黒岩町山車

黒岩町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)