現在の位置

H26-26 越生神社祭典 河原町山車

 毎年7月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

 河原町(「ろ組」)の山車は、昭和12年(1937)に、明治時代からあった花山車を改造して作られた。花山車当時に飾を立てた一本柱の跡が台車に残っている。製作は東京神田駅前裏通りの「宮長」で、1,200円の費用を要したと伝えられている。

 二重高欄、唐破風付きの囃子台屋根を持ち、当初から人形を乗せる予定がなかったため、越生町内の他の山車よりも背が高い。前輪の車軸中央に鉄輪を組み込み、梶棒(舵棒)で進行方向を操作する仕組みとなっている。

 

026河原町山車

河原町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)