現在の位置

H26-25 越生神社祭典 新宿町山車

 毎年7月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

新宿町の山車は、車台の木材に文政10年(1827)6月の紀年銘がある、越生最古の山車である。昭和51年(1976)の修理銘に「箱根ヶ崎(金子)より昭和の初め買入しもの」とあるが、小曽木村(現青梅市)から購入したとの伝承もある。屋台型の山車で、原形は屋根の上に一本柱の人形高欄が立つ「八王子型人形屋台」だったと考えられる。

人形については不明であるが、かつての人形台は転用され、現在は正法寺閻魔堂で、閻魔像の台座になっている。

 

025新宿町山車

新宿町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)