現在の位置

H26-24 越生神社祭典 上町山車

 毎年7月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

 上町の山車は、明治19年(1886)に東京の谷中初音町一丁目と上三崎町二ヶ町の山車として作られ、日暮里の諏訪神社の祭礼で曳き回されていた。都市化による電線の架設などにより曳行が困難になり、大正8年(1919)に上町に譲渡された。

 唐破風のない欄間仕立ての囃子台を持つ。購入当初は三輪であったが、昭和初年に四輪に改造された。人形は、鎌倉時代に諏方神社を開いたとされる豊島左衛門尉経泰で、名工古川長延の作である。

 

024上町山車

上町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)