現在の位置

H26-23 越生神社祭典 仲町山車

 毎年七月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

 仲町の山車は、昭和二十九年(一九五四)に、東京神田の「だし鉄」と越生町上野の長谷竹松棟梁が製作した。だし鉄が設計と細部の仕上げを担当し、本体は長谷氏が施工した。

 唐破風付きの屋根を持つ囃子台に廻り舞台を備える。人形を乗せる予定で、太田道灌が候補に上がっていた。百四十〜百五十万円の費用がかかり、保有していた屋台を豊岡町(現入間市)に、花山車を毛呂山町に譲って元金に充てた。前者は入間市指定文化財、後者も現在は入間市新光で曳かれている。

023仲町山車

仲町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)