現在の位置

H26-22 越生神社祭典 本町山車

 毎年7月の中・下旬に催される「越生まつり」は、江戸時代から続く、牛頭天王を祀る八坂神社の祇園祭(天王様)が発展したものである。夕刻から曳行される六台の山車の上で繰り広げられる囃子と踊りの競演が、華やかな江戸天下祭の名残を今に伝えている。

 本町区所有の山車は、大正8年(1919)の新調で、東京神田宮本町の亀甲斎清秀(小倉秀太郎)が4,600円で製作した。

 四輪で二重高欄、唐破風付き屋根を持つ囃子台と廻り舞台を備えている。車輪を隠す腰幕はなく、台座には彫刻が施された腰板が付く。彫刻は、柴又帝釈天などに作品を遺している石川三五郎信光による。金鵄が止まった杖を手にした神武天皇の人形を乗せる。

 なお、この山車の購入まで保有していた「牛若丸の山車」は、毛呂本郷に売却された。

 

 

022本町山車

本町山車

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)