現在の位置

H26-03 越生町警察署跡

 戦後のGHQ(連合軍最高司令官総司令部)による民主化政策の一環として、昭和22年(1947)に警察制度が改革された。戦前の国家警察体制を全面的に見直し、市民による民主的な警察を目指すとして、すべての市及び人口5,000人以上の市街地的町村に自治体警察の設置が定められた。埼玉県には5市42町、入間管内では川越市、及び所沢、豊岡、入間川、坂戸、越生、飯能の6町に置かれた。なお、梅園村は自治体警察と併存していた国家地方警察が管轄していた。

 自治体警察は、市町村公安委員会が管理し、警察経費はすべて当該自治体の負担とされ、小規模町村にとっては重い負担となっていた。越生町においても、住民投票で廃止が決定され、昭和26年10月1日付けをもって、その短い歴史を閉じた。

 

003越生町警察署

越生町警察署跡

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)