現在の位置

越生町 指定文化財一覧(建造物)

建造物

県指定

龍穏寺経蔵

昭和58年3月22日県指定

天保十二年(1841)建立。木造三間方形造・銅瓦葺きで、漆喰壁に山神村(現・群馬県みどり市)の岸亦八による彫刻がはめ込まれている。正面の唐破風の向拝天井に描かれた龍には酒井抱一の落款がある。

牡丹や天女、格天井に草花が描かれた内部に、一切経を収納する八角形の輪蔵がある。腕木を押して回転させると、一切経を転読したのと同じ功徳にあずかるという。

正面には輪蔵の創始者傅大士と、その子普建と普成像が安置され、四隅には四天王、梵天と帝釈天、金剛力士二体の各像が控えている。

町指定

龍穏寺の山門(無相門)

昭和46年2月2日町指定

天保十三年(1842)再建。入母屋造・銅瓦葺き。一階には四天王を安置。高覧付きの縁が回る二階内部には観音菩薩、十六羅漢、八大神将が祀られ、格天井には花鳥山水が描かれている。

龍穏寺山門

大宮神社本殿

平成12年8月23日町指定

嘉永六年(1853)に焼失した本殿を文久三年(1863)に再建した。流造、柿葺きで、彫刻は熊谷の彫刻師「小林斎熊山橘正信」による。

大宮神社本殿

八幡神社本殿

平成12年8月24日町指定

流造、柿葺きで天保四年(1833)の建築。彫刻は江戸浅草の彫刻師・嶋村源蔵で、代表作に、氷川神社本殿(県指定文化財)、西東京市の田無神社本殿(都指定文化財)などがある。

梅園神社本殿

平成12年8月24日町指定

享保元年(1716)に再建された流造・柿葺きで、建築年代が明確な建造物としては、現在のところ確認されている町内最古のものである。

梅園神社本殿

熊野神社社殿

平成12年8月24日町指定

龍穏寺の境内社として、天保十五年(1844)に再建。入母屋造り・銅瓦葺きで、本殿と拝殿の間が石の間でつながれ、一続きの建物となっている権現造(石の間堂)という建築様式である。龍穏寺の山門、経蔵を手掛けた岸亦八のノミによる日本神話の彫刻が壁面を飾っている。

お問い合わせ先
越生町教育委員会 生涯学習課 文化財担当
〒350-0416 越生町大字越生917番地
電話番号: 049-292-3223
ファックス:049-292-5110
生涯学習課へのお問い合わせはこちらから