現在の位置

057 高蔵寺

 本尊「木造地蔵菩薩立像」は、平安時代末から鎌倉時代初期と推定される町指定文化財です。高蔵寺の詳しい縁起は不明ですが、慶長6年(1601)、堂山村の最勝寺住職の頼栄が従弟の見順頼慶に津久根村の檀徒を譲り、地蔵堂の地に伽藍を整備したのが開基と伝えられています。

 また、入比坂東三十三か所観音札所の二十六番としても知られています。

高蔵寺

高蔵寺

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)