現在の位置

051 比丘尼橋橋供養馬頭尊

 洪水のたびに流される橋を自ら托鉢して得た浄財で完成させた徹心尼(てっしんに)が安政4年(1857)に建立した石塔です。石塔には、「橋供養 馬頭尊 願主徹心尼」と刻まれています。

 戦後、徹心尼の徳を偲んで「比丘尼橋」の名が正式名称となり、地元では「びくにんばし」と呼んでいます。

051 高岸寺

比丘尼橋橋供養馬頭尊

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)