現在の位置

045 古池の庚申塔

 延享2年(1745)造立の青面金剛と三猿を彫った庚申塔です。青面金剛がへびを踏みつけているように見えることから、地元では「へび地蔵」とも呼ばれています。

古池の庚申塔

古池の庚申塔

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)