現在の位置

041 七観音

 文化11年(1814)鹿下村の観音講の人々によって建立された供養塔です。もとは県道沿いの白根橋のたもとに立っていました。

 正面の一番上に千手観音を置き、右に聖観音・十一面観音・馬頭観音、左に如意輪観音・不空羂索観音・准胝観音の七観音を彫り出しています。不空羂索観音は、衆生を救済する観音様で、他六尊は六道のそれぞれの救済にあたる存在とされます。

 なお、隣にある、文政13年(1830)建立の馬頭観世音碑は、能筆で知られた名僧愚禅の筆によるもので、「九十六翁愚禅」の銘があります。

七観音

七観音

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)