現在の位置

033 大谷ヶ原

 『万葉集』、東歌にうたわれた、「入間路の おおやが原のいわいづら 引かばぬるぬる 吾にな絶えそね」の舞台と伝えられる地です。大亀沼周辺が大谷ヶ原であるとされています。

 歌の意味:入間の郡の府へ通じる路の大谷ヶ原に生える『いわいづら』(じゅんさい)のように、自分の方に引いたらずるずるとなびき寄って私に絶えない(離れない)でほしい」

033 大谷ヶ原

大谷ヶ原

越生郷土かるた「ぬ」の札

越生郷土かるた「ぬ」の札

「沼々がいにしえ写す大谷ヶ原」

大谷ヶ原歌碑

大谷ヶ原歌碑(越生町立図書館前にあります)

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)