現在の位置

029 興禅寺

 興禅寺は医王寺の末寺で、室町時代の応永21年(1414)に再興したと伝えられています。

 境内の旧釈迦堂跡地には三基の板碑が立てられ、うち一基には、建武元年の年(1334)の銘が残されており、鎌倉幕府が滅亡して建武の新政に転換した時期を表す貴重な資料となっています。

 

興禅寺

興禅寺

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)