現在の位置

023 虚空蔵尊

 「上野の虚空蔵様」として親しまれている虚空蔵菩尊は、能満・智満・福満の三体を祀っています。

 毎年3月には、関東地方でシーズン最後のだるま市が開かれ、多くの参拝客で賑わいます。昭和48年(1973)、虚空蔵堂下の万蔵寺(現在は廃寺)の天井裏から小判や古銭が発見されてからは、さらに福の神としての名声を高めました。

023 虚空蔵

023虚空蔵尊

越生郷土かるた 「た」

越生郷土かるた「た」の札 

「だるま市にぎわう上野の虚空蔵尊」

023虚空蔵尊

越生町再発見100ポイント一覧

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)