現在の位置

保育料算定に係る寡婦(夫)控除のみなし適用について

これまで、税法上、ひとり親家庭のうち、配偶者と離婚・死別した場合は町県民税や所得税の「寡婦(夫)控除」を受けることができましたが、婚姻暦のない場合は対象外となっていました。

このたび町では、婚姻歴のないひとり親家庭の方が寡婦(夫)控除のみなし適用を申請することで、保育料の算定を寡婦(夫)控除があるものとして所得審査できるようにしました。

申請を希望する方は、役場子育て支援課窓口で申請の手続きをお願いします。

 

対象者 所得を計算する対象となる年の12月31日及び適用期間において次のいずれかに当てはまる方

1.    婚姻によらずに母となっており、婚姻暦がなく、生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る)がおり、婚姻(事実婚を含む)をしていない。

2.    1.であり、かつ20歳未満の子を税法上扶養しており、母の合計所得金額が500万円以下である。

3.    婚姻によらずに父となっており、婚姻暦がなく、生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る)がおり、婚姻(事実婚を含む)をしていない。また、父の合計所得金額が、500万円以下である。

 

持ち物 印鑑、有効期限内の児童扶養手当の証書または申請者と子の戸籍全部事項証明書

 

注意事項 ○町県民税や所得税、その他の事業には適用されません。

     ○みなし適用を実施しても、結果として利用料の減額にならない場合もあります。

     〇申請内容に変更があった場合は、直ちに申し出てください。

お問い合わせ先
子育て支援課 子ども担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-6405
子育て支援課へのお問い合わせはこちらから