現在の位置

越生町地域おこし協力隊を紹介します!

 地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度に制度化したもので、地方において地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、定住・定着を図ることで、地域力の維持・強化を図っていくことを目的しています。

隊員さんってどんな人?

地域おこし協力隊 隊員の永島さんについてご紹介します。

インスタグラムもぜひチェックしてみてください!

insta_icon  https://www.instagram.com/ogose.kanaer/?hl=ja

kanaer_pp2

隊員 No.1

 

お名前

永島 佳奈絵(ながしま かなえ)

出身地

埼玉県 行田市

趣味は?

本屋めぐり、マンガ、写真、猫、コーヒー。
越生町にきて、自然のなかを歩く里山ハイキングにハマっています!

隊員になる前にしていたことはなんですか?

前職:株式会社温泉道場/ブランドデザイン室 クリエイティブディレクター
 新店舗の開発・立ち上げや温浴店舗支配人を経て、本部クリエイティブディレクターに就任。全運営店舗のブランディングやリノベーションに関わる仕事を専門にしていました。

越生町の地域おこし協力隊に応募したきっかけはなんですか?

 前職で越生町のリゾート&スパ複合施設の開発・リニューアルを担当したことをきっかけに、自然豊かな里山の雰囲気が好きになり、町のこれからの伸びしろを感じるようになりました。退職を考えていたときに、越生町で地域おこし協力隊を募集していることを知りご縁を感じました。ブランドづくりの経験を活かして、地域活性化に貢献したいという思いから応募しました。

越生町の印象はどうですか?

 越生に来て感じたのは、山や川の近さ。家族で川遊びやバーベキューなど、近所で自然と過ごすライフスタイルがみられ、子育て世代にもうれしい環境だと思います。 また、地域のつながりを感じられることも越生のよさです。毎年6月にあじさい街道まつりが行われている麦原地区では、どうすれば訪れた人に喜んでもらえるかという視点で、住民主体で考えたことが実行されており感動しました。

現在の活動は?

 越生町のブランド向上を目的とし、町発行の印刷物のディレクション、企画編集・デザイン協力を行っています。イベントなどのPRチラシの作成も行っています。また、移住や観光プロモーションとして、インスタグラムで発信しています。

今後の抱負を教えてください。

 越生町の魅力を伝えるPR活動に取り組んでいきます。越生はもっと「おもしろい」「かっこいい」と思ってもらえるような新しいイメージづくりのために、企画やデザインを実行していけるチーム作りや人材育成にも力を入れていきたいです。

 

お問い合わせ先
企画財政課 企画担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-5400
企画財政課へのお問い合わせはこちらから