現在の位置

【4回目】新型コロナワクチン接種の予約について

 ​​​​新型コロナウイルスの4回目接種は、感染時の重症化予防を目的に実施します。

 3回目の接種日から5か月以上経過した日にちをご予約ください。

 現時点で対象者となっていない方々への4回目接種については、国が引き続き検討しています。

 ワクチン接種は強制ではありません。

 1、2、3回目と異なるメーカーのワクチンでも接種可能です。予約申込時に使用ワクチンをご確認ください。

対象者

(1)60歳以上の方(接種日現在)

(2)18歳以上で基礎疾患がある方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方

4回目接種対象者への努力義務について

努力義務とは、「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定のことです。感染症の緊急のまん延予防の観点から、皆様に接種にご協力をいただきたいという趣旨から、このような規定があります。「努力義務」と呼ばれていますが、義務とは異なります。接種は強制ではなく、ご本人が納得した上で接種をご判断いただくことになります。

厚生労働省は、(1)60歳以上の方に対する4回目接種については、努力義務を適用しています。 (2)基礎疾患を有する者等には、現時点では努力義務を適用していません。

接種券について

現在、60歳以上の方の接種券を準備中です。準備ができ次第、3回目より5か月経過した方から順に発送いたします。

18歳以上で基礎疾患がある方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方についてはお申し出ください。お申し出いただいた後、3回目より5か月経過した方から順に発送いたします。お申し出方法については下記をご確認ください。

接種間隔・接種回数について

3回目接種日から5か月経過後に1回接種

使用するワクチンについて

ファイザー社 または 武田/モデルナ社のワクチン

4回目接種の流れ

【60歳以上の方】

(1) 65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)で、令和4年3月5日までに越生町中央公民館および町内医療機関で3回目の接種をした方

 1. 3回目接種日から5か月以上経過した方から順に、予診票(接種券付)を郵送します。

 2. 指定日時をご案内します。

   4回目の指定日・受付時間・接種会場・ワクチンについては、町であらかじめ予約の割り当てをします。

  ◎指定日時での接種を希望される方

   改めてご自分で予約をする必要はありません。指定された接種日・受付時間に接種会場へお越しください。

  ◎指定日時以外で接種を希望する方

   コロナワクチンコールセンターまたはコロナワクチン予約サイトで、ご自分で予約の変更をお願いします。

  ◎4回目接種を希望しない方

    コロナワクチンコールセンターまたはコロナワクチン予約サイトで、ご自分で予約のキャンセルをお願いします。

(2) (1)以外の65歳以上の方、60~64歳の方

1. 3回目接種日から5か月以上経過した方から順に、予診票(接種券付)を郵送します。

2. ご自分で4回目接種の予約をしてください。

 お手元に予診票(接種券付)をご用意のうえ、越生町 コロナワクチンコールセンター へお電話いただくか、越生町 コロナワクチン予約サイト で予約をしてください。

※施設入所中の方は、施設内で接種できるかどうかご確認ください。

 

【18歳以上で基礎疾患がある方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方】

1. 4回目接種の対象となるか確認してください

以下の(ア)、(イ)、(ウ)のいずれかに該当し、接種を希望する方は申し出が必要です。

(ア)病気や状態の方で通院/入院している方(1.~14.に該当する方)

1.慢性の呼吸器の病気

2.慢性の心臓病(高血圧を含む)

3.慢性の腎臓病

4.慢性の肝臓病(肝硬変など)

5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病

6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)

7.免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)

8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

9.免疫の異常にともなう神経疾患や神経筋疾患

10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)

11.染色体異常

12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

13.睡眠時無呼吸症候群

14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(イ)基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

(ウ)新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた方

 

2. 予診票(接種券付)発行の申し出をしてください

電子による申出:越生町 電子申請・届出サービス(ホームページから) 

電子による申出の期限は7月31日までです。以後は以下の方法でお申し出ください。

越生町電子申請・届出サービス「新型コロナワクチン4回目接種対象の申し出」

電話による申出:越生町 コロナワクチン コールセンター

048-658-7717 (受付時間:平日 午前9時から午後5時)

○窓口等での申出:申出書を窓口に提出してください。

郵送やファックスによる申出書の提出も可能です。

(申出書は保健センターにあります。ホームページからもダウンロードできます。)

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目接種用】(PDF:702.9KB)

3. お申し出の後、3回目接種日から5か月以上経過した方から順に、予診票(接種券付)を郵送します

4. ご自分で4回目接種の予約をしてください

お手元に予診票(接種券付)をご用意のうえ、越生町 コロナワクチンコールセンターへお電話いただくか、越生町 コロナワクチン予約サイト で予約をしてください。

 
ワクチン接種にあたっての注意

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチン(高齢者肺炎球菌ワクチン等)は、同時に接種できません。

新型コロナワクチンとその他のワクチンは、片方のワクチン接種を終えてから2週間後に接種できます。

新型コロナワクチン予約日が、その他のワクチン接種から2週間以内となってしまう方は、新型コロナワクチン接種日を変更する手続きをしてください。

4回目接種のお知らせ(6月全戸配布)(PDF:574.9KB)

4回目接種について(厚生労働省)(PDF:981.7KB)

予約について

3回目の接種日から5か月以上経過していれば接種できます。

お手元に予診票(接種券付)をご用意のうえ、以下の予約サイトまたはコールセンターにて予約をしてください。

 

ph_crn_y

 越生町コロナワクチンコールセンター

 電話番号:048-658-7717

 受付時間:9時から17時(土日祝除く平日)

 

pc_crn_y

 crnyoyaku_bn

    ph_crn_qr

   受付時間:24時間受付

ファイザー社のワクチンについて(厚生労働省)

武田/モデルナ社のワクチンについて(厚生労働省)

町外のかかりつけ医等での接種について 

町外のかかりつけ医やお勤めの医療機関等で接種する機会がある方は、越生町から送付される接種券を利用し接種してください。

予約方法等については町外のかかりつけ医やお勤め先にご確認ください。

越生町に転入された方へ

3回目の接種を終えてから越生町に転入された方は、4回目の接種券を発行するための手続きが必要ですので、保健センターまでお越しください。

持ち物:申請書、接種済証明書、本人確認書類

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【4回目接種用】(PDF:702.9KB)

接種費用について

接種費用は無料です。

接種に関する相談について

 越生町保健センター

越生町保健センターでは、新型コロナワクチン予防接種に関する相談を受け付けています。

電話番号:049-292-5505

受付時間:9時から17時(平日)

対応内容:接種券に関することや接種の方法等

埼玉県新型コロナワクチン専門相談窓口

埼玉県では、副反応に関する相談に対応するため、専門相談窓口を開設しています。専門的な知識を有する看護師や医師などが24時間体制で相談に応じています。

電話番号:0570-033-226(ナビダイヤル)

受付時間:土日祝日を含む24時間対応

対応内容:新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応等について、医学的知見が必要になる専門的な相談など、市町村では対応困難な問い合わせへの対応

(聴覚障がいの方向けファックス番号:048-830-4808)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話:0120-761-770

受付時間:9時から21時

対応内容:新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口を設置しています。

 

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください

役場をかたる「なりすまし」にご注意ください。職員がワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

予防接種健康被害救済制度について

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)があります。

新型コロナワクチン接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省)

関連ページ

厚生労働省「コロナワクチンについて」

埼玉県「新型コロナウイルスワクチン接種について」

お問い合わせ先
健康福祉課 保健予防担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-5505
ファックス:049-292-5623
保健センターへのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。