現在の位置

異物の混入が確認されたファイザー社のワクチンについて(9月17日現在)

現在、複数の自治体において、ファイザー社製新型コロナウイルスワクチンに異物(白い浮遊物)が混入している事案が報道されています。

当町でも同じ製造番号(FF5357)のワクチンを使用しておりますが、ワクチンはひとつひとつを確認しながら使用しており、これまでに異物の混入は確認されておりません。

ワクチンの管理については、接種会場で従事する医療従事者に対して、改めて万全を期すよう周知するとともに注意喚起を行いました。引き続き厚生労働省の方針に基づき全てのワクチンにおいて異物混入等の異常がないかを確認しワクチン接種を進めてまいります。

関連ページ

厚生労働省「新型コロナウイルスワクチンのバイアル内の白色浮遊物に関する調査結果について」