現在の位置

風しんが流行しています

 埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県において風しんが流行しています。特に30代から50代の男性において、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。

 風疹ウイルスは、咳・くしゃみ・会話などで飛び散る飛沫感染です。発症までの潜伏期間は約2~3週間と長く、発疹の出る2、3日前から感染力があります。感染力は、インフルエンザウイルスの数倍とも言われています。妊娠中の女性が風しんに感染すると生まれてくるあかちゃんに障害が出る恐れがあります。妊娠中は予防接種が受けられないため、妊婦の家族や妊娠の可能性のある方は気を付けてください。

 町では、風しんの抗体価が低いと判定された、妊娠を希望している夫婦または妊婦の夫で予防接種の必要のある方に対して、風しんの予防接種の一部を助成しています。

 また、県では風しん抗体検査を無料で受けることができます。詳しくは下のリンク先をご確認ください。

 ご不明な点は健康福祉課保健予防担当(保健センター)までお問い合わせください。

 

健康福祉課保健予防担当(保健センター)

電話:049-292-5505

 

 

大人の風しん予防接種費用の助成

麻しんとは(厚生労働省)