地震ハザードマップ

地震ハザードマップとは

 発生のおそれがある地震の概要と、地震による地盤の揺れやすさ、建物の倒壊の危険性の程度などを記載した地図のことです。
 越生町の地震ハザードマップは、『揺れやすさマップ』と『地域の危険度マップ』から構成されています。

想定した地震

 「深谷断層」は埼玉県の北西部にある関東平野北西縁断層帯の一つであり、断層面の一部が越生町の北東の地下深いところに位置するため、この断層によって地震が起きると、越生町では非常に大きな揺れが起きることが予想されます。
 そこで、深谷断層による地震が発生した時を想定し、地震が起きた場合の揺れの強さ(震度)を推定しました。

揺れやすさマップ

 想定した地震(深谷断層による地震)が発生したときに、町の中でどれくらいの揺れの強さ(震度)になるのかを計算し、約50メートル四方の「区画」ごとに表したものです。

地域の危険度マップ

 「揺れやすさマップ」に示されている揺れの強さになった場合に、建物に被害が生じる程度を「危険度」として表したものです。今回危険度を建物が全壊する確率(建物全壊率)で表しています。

揺れやすさマップ(PDF:1.5MB)

地域の危険度マップ(PDF:1.8MB)

お問い合わせ先
総務課 自治振興担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-5400
総務課へのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。