現在の位置

令和2年度 越生駅西口が新しくなります!

kyuekisha_arigatou

越生駅すてきな交流拠点整備事業

 町の玄関となる越生駅の西口に「観光案内と待合い機能を併せ持つおもてなし施設」を整備いたします。このほど、令和2年度に建設する新たな施設の計画がまとまりましたのでお知らせいたします。

旧越生駅舎ありがとう式典

 越生駅舎の取り壊しにあたり、86年間の長きに亘り町の玄関口として駅利用者を見守り続けてくれた旧駅舎に感謝の気持ちを込めて「旧越生駅舎ありがとう式典」を令和元年12月26日に開催しました。

 お陰様で、園児の歌声とともに盛大に執り行うことができました。

 

式典の様子

kyuekisya_sikiten1

kyuekisya_sikiten2

kyuekisya_sikiten3

旧越生駅舎の取壊し

 昭和8年の八高線開通から、平成31年3月の越生駅東口開設まで86年間にわたり増改築を重ねながら利用されてきた旧越生駅舎は、JR職員の無人化により町に譲渡されました。この度、建物の老朽化や間取りの関係から取り壊し、外観は旧駅舎のイメージを参考にしながら新たな施設を建設することとなりました。

取り壊し時期

令和2年1月~3月

 

新たな施設の建設

建物の概要

木造 平屋建 167平方メートル(50.7坪)

建設の時期

令和2年4月~10月頃

 

基本コンセプト

 埼玉県産材の西川材や越生の建具を使い、伝統と現代建築の技法を取り入れランドマークとして訪れた方々の記憶に残る建物とします。

 

施設の構成

(1) 交流待合室

    観光・ハイキング、通勤通学などの駅利用者と町民の方々が気軽に立ち寄れる交流待合いスペースです。

(2) 案内相談コーナー・事務室

    観光客やハイカーなど町を訪れる方々への観光案内、簡単な移住相談や電車の乗換案内などもできる相談スペースで、事務室には越生町観光協会が入る予定です。

(3) 会議室兼ギャラリー

   写真展や陶芸展など小さなギャラリーとして利用できるスペースで、間仕切りの変更だけで打合せ場所にもなる多目的スペースです。

イメージ図

 

現在の駅舎

kyuekisha_image

 

新しい施設

立面図

sinekisya_ritsumenzu

 

平面図

 

sinekisya_heimenzu

新施設イメージ図(PDF:167.2KB)

お問い合わせ先
企画財政課 企画担当
〒350-0494 越生町大字越生900番地2
電話番号: 049-292-3121
ファックス:049-292-5400
企画財政課へのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。